6月11日 

堀鉄管とwらせん掘り器を竿先のボルトで容易に交換できるようにし、状況を見ながら堀り方を変え、スイコで吸い上げる。
しばらくはそれで底に残った塩ビパイプのかけらを拾い上げます。

んっ、これは?

塩ビパイプのかけらと一緒に上がってきたこの小石…
これこそ水脈?

037



帯水層にたどり着いたのか?
堀鉄管でガツガツ、スイコでスイスイ。
小石がどんどん上がってきます。
でも、水位はあまり上がってはきてません。
ガチャポンで汲み上げてもバケツに2杯。
3杯目には少し時間をおかなければいけません。
ん~、十分な水量とはいえない。
それに目標を9mと掲げたのにまだ程遠い。
もっと掘ろう。

やはり大した水脈ではなかったようです。

すぐにまた硬い粘土質になってしまいました。
予備の井戸掘り予定地があるって気が楽です。
ダメならすぐに新たに掘れるのですから…
それもすでに1.5mは掘ってあるんですからねぇ。
そう考え、気楽に掘り続けます。
ヤグラの上部に竿掛けを作り、掘り器を上げた時にすぐ横に立て掛けることが出来るようにしました。

049

そして滑車も付け、人間パーカッション方式も採り入れることにしました。
今度は標準仕様の単管パイプ3mを購入し、2mは掘り器本体に、あとの1mで刃先を作ることにしました。
丈夫なコシタ弁にする為の重宝な物をホームセンターで見つけました。
排水口の蓋です。
1mm単位でサイズが豊富にありますから、グラインダーで削る手前が省けます。
1枚400~600円程度でした。
切断したパイプとパイプの間にコシタ弁を挟むようにし、VP50パイプで繋ぐのです。

045

040


039

少し単管パイプが細いので、サイズを合わせる為にスリオンテープを巻き、調整しました。

あとは6mmのドリルで穴を開け、ボルトで締めます。
この井戸掘りには大量のボルトとナットが必要です。
何故ならすぐに磨耗したり変形したりしますから。
私は6mmで統一しました。
それによりドリルの刃を頻繁に替える必要がありません。
お店にもよりますが、私の通ってるお店は、ボルト1本6円とかナット1個3円って感じで、1個からでも購入出来るのです。
6mmのボルトでも色んな長さが必要となりますから、そんな時は有り難いです。

047


コシタ弁を金属にしてから、故障がぐ~んと減りました。
横着せず、早くから金属にしておけばと後悔します。

048_4長さ2mのパーカッション式掘り器

人間パーカッション方式は確かに上げ下げするときのジョイント部分の脱着がなく楽ではありますが、地球の引力だけでは力不足のようです。

もっと深く掘り進めば効果も上がると思います。

取り敢えず今は、接続部分の脱着が億劫ではありますが、鉄パイプの竿を使った掘り器で掘り進めます。

ここまでの掘削 814cm


6月17日

今日は早番でしたから、午後の数時間だけ頑張ります。

未だに塩ビパイプのかけらが上がってきます。
掘り器の上げ下げ時に今もパイプを傷付けてるものと思われます。

相変わらず硬い地層ですが、砂の量が増えてきました。

050

スイコで作業してると、みるみる内に重くなります。

そんな時です。
またも大失態です。

掘り器でガツガツ、スイコでスイスイを交互にやってました。

スイコでスイスイしてると、みるみる内に重くなり、そろそろ引き上げようかという時、突然軽くなりました。

コシタ弁に何か詰まって、堀クズが出てしまったのかな?と思いましたが、ゴツゴツ底をつついてもまったく重みがありません。

嫌な予感がしました。

そ~っと上げてみると、何とスイコのコシタ弁から先の刃までがありません

041

VP50のジョイントで作ったのですが、んんっ?
ビス留めをしてない???

接合を接着剤だけで、ビスで留めるのを忘れてたんです。
で、衝撃と重みに耐えきれず、落下したものと思われます。

大変です。

途中にVU75管がありますから、原型のまま引き上げるのは無理でしょう。

仕方ありません。

また掘鉄管で砕いて、塩ビはスイコで吸い上げ、金属部分は磁石で拾い上げよう...

教訓 其の参「接合は強度を補うためにビス留めを!!」ですね...

自宅に戻り、一番強度な磁石を探し、拾い上げました。

046


ここまでの掘削 881cm


6月18日 

昨日の教訓を思い出し、総点検です。

ボルトとナットの締め付けは十分か?
ビスの脱落はないか?
コシタ弁は正常に動作するか?
等々...

便利グッズを紹介します。

スイコは塩ビパイプで作成してますから、竿部分も塩ビパイプVP20で作ってます。その為、スイコ部分のすぐ上からロープで繋ぎ、脱落を防止してます。
しかし、掘り器の竿部分は鉄パイプですから、接続はボルトで留めてます。
よって、ボルトの脱着時に手が滑ったりして落下させてしまうと大変です。

そこで小型クランプを利用してます。

051180円程度でした。

中々便利です。

で、遂に目標の9mに到達しました〜っ!!\(^O^)/\(^O^)\(^O^)/

052



でも、まだまだ水量は不十分です...

もっと掘るかぁ。

目標の再々設定です。


目標12m!!


ここまでの掘削 921cm