井戸を掘るぞ!!「井戸掘り」

井戸掘り  打ち抜き井戸掘り  日記  DIY 野菜作り 山登り

2018年05月

5月20日

今日は休み。


早朝から作業開始。

まずはブドウのジベレリン処理から。


ブドウの花房を整枝をする。

IMG_3418

ジベレリン溶液にしたす。
IMG_3421

これで種なしブドウにする為の1回目のジベレリン処理が終わった。


大きな実を付けてくれれば良いが…


次はスモモの貴陽の袋掛け。

数は少ないがいくつか実を付けている。

ビワの袋を被せた。

IMG_3422

でも、数少ないのに失敗して1つ実をむしってしまった
IMG_3423
受粉樹のサンタローザにはたくさんの実が付いてたが、袋掛けはしなかった。

そしてビワの袋掛け。

このビワは娘が幼少の頃、食べたビワの種を親父と蒔いて育ったものだ。

IMG_3426

20数年でこんなにも大きくなった。

昨年、かなり刈込み樹高を低くし、混み合ってた枝も整理したのだが、その甲斐あってか今年はたくさんの実が付いてた。

実を間引き、手が届く範囲で袋掛けをした。

ひと段落したところでイチゴを収穫。

休憩しながら食べるためだ。

手洗いオケに集め、井戸水で冷やす。

ベンチに座り、畑を見ながら食べる。

でも、よく見ないと蟻🐜も一緒に食べるとこだった

IMG_3428


一服したところで今度はキャベツとチシャの間引き作業。

苗もちょっと大きくなったので、複数で植えてるのを一本にする。

水をやり、寒冷紗を掛けた。

IMG_3433

ハウス内は網メロンの子づるがだいぶん伸びてきたので、ハウスに張ったネットに誘引した。
IMG_3431
もう一筋のマクワウリの筋にもネットを張る。

マクワウリはそんなに高くまで伸ばさなくても良いだろうと、一枚のネットを山状にし、両サイドから駆け上がるように張った。

IMG_3432


ハウス内も水やりをし昼飯。

昼からは2号井戸の配管修理をする。

冬の凍結で、畑への散水用のバルブが破損したのだが、まだ修理してなかったのだ。

ホームセンターへ出向き、足らないパーツを購入する。

ホームセンターに行ったら店頭に並ぶ苗が気になる。

ピーマンの苗を2本買ってしまった  

帰って配管とバルブを修理する。


保温材を巻く。

バルブはプラスチック製から金属製にしたから凍結した際の破裂はもう大丈夫だろう。

IMG_3499


買ってきたピーマンをハウスの前の僅かなスペースに植えた。

IMG_3434

嫁さんが嫌いで、我が家の食卓に並ぶことはなかったが、自作したら食させて貰えるかなぁ?


5月22日  

明け。


昼飯後、畑へ。


まず、ナスビの苗を移植する準備をする。

ハウスの西側の僅かなスペースを耕し、ピーマンを植えようとマルチを掛けていたのだが、種まきしたピーマンはどうやら失敗のようなのでナスを植える事にしたのだ。


ナスは本来、お袋の管轄だが、余って捨てるというから貰う事にした


ナスは夏野菜一番の好物であり、同じ苗で畑が違ったらどんな違いがあるかを見極める為にも植えることにしたのだ。


マルチを外し、穴を掘り、肥料入りの野菜の土に水を混ぜ、ドロドロにした状態で流し入れる。


その上に土を乗せ植え付ける。

IMG_3436

7本植えた。


枯れ草を敷き、瓦を乗せ風で飛ばないようにし、更にたっぷりと水をやった。


次はキャベツに虫がつかないように防虫ネットを掛ける。


先日、寒冷紗を掛けたのだが、幅が狭く、下に隙間ができるので幅が180㎝長さ10mの防虫ネットを買ってきたのだ。


夏のキャベツにはどうしても青虫🐛が付く。 

これで予防が出来ればよいが…


第1弾のトウモロコシが背丈50cm程になった。


四隅に支柱を立て、虫が嫌うという銀色テープを巻いた。

IMG_3439

ベンチに座り一服し、ハウス内の水やり。


トマトは3段目まで花を付け、2段目までは実も付けている。


脇芽を取り、花は軽くポンポンと指パッチンして人工受粉をしてやる。


メロンの子づるをネットに誘引する。

IMG_3437

夏の収穫が楽しみだ。


5月24日


明け。


今日も昼飯食って畑へ。

昨日はいい雨だった。

水やりをしなくてすむ。

まだあちこちに水たまりがある。

トマトがずいぶんと大きくなった。

特にアイコ。

短い支柱の為、背丈はその支柱を超えた。

長い支柱を2本挿し、紙ヒモでハウスと繋ぎ棚にする。

IMG_3451

誘引クリップで留めた。

脇芽と不要な枝を切る。

次々と咲く花を指パッチンで人工受粉

実も大きくなってきた。楽しみである。

次にメロン。

親づるの先を切り、子づるをネットに誘引しクリップで留める。


親づるに初めての花が咲いていた

IMG_3448

でも、子づるを伸ばす為、切り落とした。
IMG_3449
ハウス内の作業を終え、イチジクを見る。

整枝をする。

1本の木からまた細かい木くずが…


虫にやられてるから、また薬を注入しなければならないが、今日はもうやめておこう。


イチジクの側にニンニクを植えているのだが、花芽がだいぶん伸びた

IMG_3444

収穫も近い。花芽を切る。
IMG_3445

ん?この花芽は食べられないのか?

ネットで検索した。

ニラに似た味らしい。

よし、持って帰って炒めて食べてみよう。


家の横の畑にはビワ、みかん、スモモの木があるのだが、そのスモモ…


大きな勘違いをしてい


スモモの貴陽だが、一本では受粉しないためサンタローザとハリウッドを植えている。


でも、そのハリウッドを貴陽だと勘違いしていたのだ


貴陽の花をちぎり、一生懸命ハリウッドに人工受粉していたのだ


そして先日、ハリウッドの実に袋掛けをしたのだ。貴陽にはせずに…


ネットで調べててわかった。赤い葉っぱでこの時期から赤い実はハリウッド…

IMG_3452

これは貴陽ではなく、ハリウッド



IMG_3454

ハリウッドだと思ってたが、これが貴陽


ハリウッドが貴陽だとずっと思っていたのだ

それでハリウッドだと思ってた樹に実はないかと探した。


人工受粉してないからないと思ったが、20個程なってた


まだ残ってたビワの袋を掛けてやった。


もうこの樹を植えて4年目だが、やっと収穫できるかな…?


もうダメだ。睡魔に負けた。帰って一眠りしよう。

ニンニクの花芽料理はそれからだ。

一眠りして嫁さんが帰ってくるまでに台所を使用する。


適当に切り、適当にオリーブオイルを入れ、適当に塩コショウをし玉ねぎと一緒に炒めて醤油を適当に…

IMG_3459

ん〜〜、見た目は悪いがなかなかの出来栄え。


ビールのつまみにはなった。



5月28年


今日は休みだが、法事に出掛けていた。

3時過ぎに帰り、畑へ。

今日は薬を散布した。

今回はスミチオン。

虫の付いたイチジクの木。

紙紐にスミチオンを染み込ませ、拡大した虫穴に突っ込む。

FullSizeRender

前回と同じ木だ。

以前より上部に食い跡がある。

同じ虫が上部へ進出してきてるのかなぁ?

次に下の畑のみかん、スモモ、柿に散布。

今年はスモモはもちろん、ミカンも柿もたくさん実を付けそうだ。


柿の木の枝が垂れ下がっているので、支柱を立て棚を作り、枝を棚に載せるようにした。


ハウスのある畑に戻り、トウモロコシに肥料をやる。

IMG_3478

化成肥料に鶏糞、油かすを混ぜ施してやった。それから水やり。


雲行きは雨のような気もするが、降らないかもしれないからとりあえず全てに水やり。


トマトは取っても取ってもすぐに脇芽が出る。

脇芽をかき取り、花は指パッチン受粉をした。




5月10日

明け。


昼飯食って畑へベンチを持って上がる。


このベンチは会社で要らなくなり、バッカンに捨てる予定の物を貰ってきたのだ。


農作業中、ホッと一息つける場所が欲しかったのだ。


自作納屋のようにベンチを作ろうとも思ったが、手頃な物が手に入った。


木製部分は腐りかけてはいるが、まだ使えそうだ。


納屋まで運び、解体する。

IMG_3362

まずハウス内の水やりをし、ベンチの鉄部分はスプレーで塗装した。
IMG_3363
次は木製部分。
IMG_3364

木製部分は2号井戸のポンプ小屋に使い余った塗料を塗ることにした。

腐りかけた木材が綺麗になった。

でも、腐ってビスの効かないところがある。

塗装が乾くまでプリンスメロンとマクワウリのポットの間引きをする。

複数の苗を1本にするのだが、なんか捨てるのが勿体ない気がする。
IMG_3368
IMG_3369
IMG_3370
そこは我慢である。

可哀想だがたくさんあっても仕方ない。

大きく育てる為だ。

間引きが完了したところでベンチの組み立てだ。

天気も良く、風があるからもう乾いてる。

ナットやボルト、ビスにCRCを振り、締め付けが容易になるようにした。

でも、手がベチョベチョになった。

組み立てた。

やはり腐りかけの木材だから、長くはもたないかな…?

ポンプ小屋の前に置いた。
IMG_3373
これで休憩場所が出来た

トマトの様子を見る。

ハウス内だから、蜂が入ってこられない。

受粉が心配だったが、人工受粉でも大丈夫だったようだ。

第1号の実が付いていた
IMG_3366
これはアイコ。

次にガレージのブドウの様子を見る。

新たに支柱を設け誘引したが、上手く手を広げてくれてるようだ。

初めて房が付いた。
IMG_3374


品種は藤稔だが、初めて食べることが出来ればよいが…。

5月13日

今日は苗を植える予定だったが、残念ながら雨。


ハウス内の様子を見に行く。


するとハウス内に水が溜まってる??

IMG_3378



畝を作ると溝が出来るが、その溝に浸水してきているのだ。


ハウスの外に溝を掘ってないからか、畝を作った為、溝が外より低くなり染み込んできてるのだろう。


それもメロン側ではなく、トマト側だ。


水のあまり必要のないトマト側だから、何か手を打っておかないとこれから本格的な雨の時期を迎えるから心配だ。


明日は天気も回復するらしいので、ハウスの外の水を畑の外に逃がす為、溝を少し作り、排水した。


明日は苗植えできるかなぁ?



5月14日


いい天気になった。


朝から苗を植える準備をする。


昨日、排水したので、じゅるじゅるではあるが大きな水たまりはない。


まずトウモロコシから植える。


一番南側の筋のマルチを外し、植えていく。


一筋でちょうど収まった。

IMG_3382

植えたあとには枯れ草を敷いた。

次に東の端に落花生を植えた。
IMG_3383
次は一番北側の一筋にキャベツとチシャを植える。

ここは一番最初に耕した筋だから、すでに2ヶ月程前だ。

植え付ける為の穴を掘り、下に肥料を混ぜた土を入れてやった。

IMG_3387

それから枝豆。

トウモロコシは今シーズン2回目、枝豆は3回目だ。

収穫時期をずらす為に種蒔き時期もずらしたのだ。

最後にプリンスメロンとマクワウリを5本ずつ植えた。


IMG_3389


プリンスメロンとマクワウリは大量の苗を作ったが、どちらも50本ずつ会社へ持って行き、同僚に分けた。


その余りの5本ずつを植えたので、あと苗を植えてないのはピーマンだけとなった。


でも、そのピーマンがなかなか発芽しない。


12個の種を蒔いたが、発芽したのは4つ。


それも育ちが悪い。


もしかして失敗かなぁ?


今日は昼飯を食う間もなかった。


喉が渇いたがお茶はすでに飲み干している。

家まで帰るのも億劫である。


でも、大丈夫だ。すぐ近くの畑にはイチゴが最盛期を迎えている。


ハサミて切り、井戸水で洗い、ちょいと冷やしてから食べる。


農作業しながら、そしてその畑を見ながら食べるイチゴは最高だ。


ポンプ小屋の前にベンチを置いたが、その下に防草シートを敷いてやった。


IMG_3386

これでちょっとは草引きが楽になるかなぁ?


昨年末に植えた桃だが、1つだけ実を付けていた。

IMG_3391



でも、3本中の1本だけで、あとの2本はダメかなぁ?


5月16日


明け。

昼飯食べて畑へ。

植えたばかりのキャベツやチシャ達が心配だったが、ちゃんと育っていた。

IMG_3396

井戸水を汲み上げ水やり。


何度も何度もジョウロを持って往復する


でも、去年と比べたら全然楽だ。

去年だったらバケツで50m程離れた1号井戸とこの畑を何度も往復した。

それも緩いが坂道を。

トウモロコシ、枝豆、落花生、キャベツ、チシャ、プリンスメロンとマクワウリに水をやる。

それからハウス内に。


ハウス内のトマトにはだいぶん実が付き始めた。

指先でポンポンと軽く叩く指パッチン受粉だったが、それで大丈夫だったようだ。

同じように植えた苗だが、品種によって育ち方が違う。

ミニトマトのアイコが一番成長が早く、すでに3段目の花が咲いていた。

脇芽を取り、挿し木ができるかとビーカーに水を入れ、挿して置いた。


草が生えてきた。

それからプリンスメロンも。

これは昨年、鹿にやられたプリンスメロンの種が実生したものだろう。

勿体ないから草だけ引いてプリンスメロンはそのままにした。


でも、やはり明けは辛い。

睡魔との闘いだ。


ベンチに座り、一休みしてたら、どうやら寝入ってしまったようだ


30分もなかっただろうが、また元気が復活!

また草引きに汗を流した。

でも暑い。


真夏になればハウス内の作業は地獄化となるだろう。



5月18日

明け。


ホームセンターに寄り、桃の苗川中島1本とジベラ錠を買って帰る。

昼飯食って畑へ。

みんな順調に育っていた。


桃の苗を水をはったバケツに入れ、植える準備をする。

実は昨年末に3本の桃の苗を植えたのだが、3本とも元気がなく、内1本はどうやら枯れてしまったようなのだ。

何故上手く育たなかったのかがわからなかったのだが、色々と調べる内に1つ気付いたことがあったのだ。


それは植え方


ネットで接ぎ木は接いでる部分は地中に埋めてはダメと書いてあったのだ。

それを深く穴を掘って移植した為、接いだ部分も土の中だったのだ。

その記事を見つけたもので、早速ホームセンターに寄り買ってきたのだ。

この時期に売ってるのか?と思ったがあった。

枯れてしまったのと同じ品種の白桃が…

植え付けをする前にまずは水やり。

何度も何度もジョウロを持って井戸を往復する。

枯れた桃を掘り出し、少し離れた場所に新たに穴を掘って肥料の混ざった土を入れる。

その上にただの土を入れ、水をはったバケツに入れてた苗を植えた。

IMG_3401

今度はちゃんと接ぎ木部分は地中から出して…

後の2本も接ぎ木部分まで掘り、土の上部に出るようにした。

IMG_3399

枯れ草を敷き、水をたっぷりとやった。

これで上手く育ってくれれば良いが…

トマトがだいぶん大きくなった。

誘引する為のクリップ1つでは心配になってきたので、紙ヒモで支柱と縛ることにした。

IMG_3402

1つ作業が終わる度にベンチで休憩。

でもこのベンチだが、どうも座り心地が良くない。

木材の隙間が広く、お尻が痛い。

そこで、粗大ゴミに出す予定だった破れかけの車の座布団を敷くことにした。

雨がかかっても大丈夫なようにビニールハウスで余ったビニールで覆い、ビニールヒモで縛った。

IMG_3404

これで座り心地が良くなった。




にほんブログ村 花・園芸ブログ 畑いじり・畑仕事へ

4月22日

今日は休み。


ちょいとゆっくり気味に作業開始。


まずは種まきから。


昨日から水に浸けておいたプリンスメロン、マクワウリ、キャベツとチシャの種を蒔く。


先に蒔いてたトマトやメロンなどは全滅したから慎重に…


そこで、種蒔き後にはくんたんを薄く敷き、乾き防止に使った。

IMG_3310

IMG_3311
IMG_3312


草刈りをした後の枯れ草を集める。


これはわらの代わりに苗を植えた際に同じく乾き防止に使った。

IMG_3309


種まきは赤玉土の中を底にし、赤玉土の小、そして種まき用の土を入れ、パレットは更に花と野菜の土も混ぜた。


これで上手く発芽し、育ってくれれば良いが…


4時前に作業終了。



4月29日


今日と明日は連休。


朝早くから作業開始。


先日購入していたトマトの苗をハウス内に植える。

IMG_3313



プリンスメロンとマクワウリが発芽していたが、ちょいと大きくなったのでポットに移植した。

IMG_3326

IMG_3327


次にキャベツの苗をポットに移植。


今日は移植作業ばかりだ。


次にトウモロコシと枝豆の種蒔き。


今回はポットに蒔いた。

IMG_3325



5月4日

明け。


昼飯食って睡魔と闘いながら畑へ。


先日蒔いた落花生、トウモロコシ、枝豆と発芽し苗は順調に育っている。


IMG_3344

IMG_3343


トウモロコシは第2弾、枝豆は第3弾だ。


時期をずらして収穫できるように種蒔きの時期もずらしたのだ。


枝豆は違う品種の物にしたが、トウモロコシは全てゴールドラッシュ。


一種類に統一しないとダメって何かで読んだような気がしたから。


5月8日

明け。


昼飯食べて小雨の降る中畑へ。


落花生の芽が更に出てきた。

IMG_3358

落花生の発芽は初めてだ。

プリンスメロンとマクワウリのポットを更に増やす。

元気そうな苗をハウス内に5本植える。
IMG_3359
これでハウス内はいっぱいだ。

結局、トマト24本と網メロン2本、マクワウリ17本、プリンスメロン5本を植えた。

さぁ、大きく育ってくれるかなぁ?


↑このページのトップヘ