6月27日

今日は早番を終えてからの数時間の井戸掘りです。
何せ9日間連続勤務でしたから、少々疲れ気味です。

久しぶりでしたから、砂が崩れ落ち、浅くなってないかと思いましたが、前回終了時と変わりませんせした。
浅くなってるとしても、10cmもないでしょう。

早速掘鉄管を降ろし、作業開始です。

んっ??

目の前に鉄船を置いてて、スイコで汲み上げた掘り屑(泥水)を貯めてるんですが、前回終了時に上水を捨てるのを忘れてました。雨が降っても貯まらないように傾けておくのですが、それも忘れてました。
いつもなら、鉄船に残った土の処理から始めるのですが、まぁ雨が降ったこともありますが、鉄船の水が満水状態でした。

その鉄船の中をよ〜く観察すると、何か動いてます...

053
蚊の幼虫のボウフラがうようよいるのです。

蚊にええ産卵場所を提供してしまいました。

ってことはないでしょうが、蚊がいます。
動いてると気になりませんが、ベンチに座って休憩してると「ぷ〜〜〜〜ん」という音が....
嫌な季節です。

掘り器にもスイコにも砂に混じり、小石が入るようになりました。
相変わらず「カーンカーン」という甲高い音がして、硬く、中々掘り進めません。

それに何と言っても暑い!!

明日もあることですから、このへんで切り上げよう...


ここまでの掘削 938cm


6月28日

久しぶりの休日です。

涼しいうちに少しでも掘り進めようと意気込んでいたのですが、やはり暑い...
すぐに汗がしたたり落ちます。

昨日の鉄船の土を見て思ったことがあります。
粘土質のこの土....

使い道はないだろうか?と...

で、思ったのですが、「日干しレンガ」は作れないだろうか??

日干しレンガが出来れば、いずれガチャポンの台とか、水場の流しの台とか色々使えそうです。

早速、木枠を作ってみました。

054

これに掘り出した土と砂、それに硝石灰を混ぜて型枠に...

055

さぁ、どうなることか楽しみです。

泥をこねてたら、汗が眼に入って入って困ります。

夏場の井戸掘りはハードになりそうです。

相変わらず硬い地層が続きます。

「カーンカーン」という音の中に、「ザクッザクッ」と手応えを感じる音もします。
少しずつではありますが、着実に掘り進んでおります。

徐々に小石の割合が増えてきました。
小石の中にはこんなヤツもいます。

056水分補給を怠らないように、掘り続けます。
しかし、明日はゴルフコンペがあるので早めに切り上げようと思います。

小石が増えてきましたが、見てて飽きませんねぇ...

057

もう服は泥まみれです。
以前にドロドロの作業着をそのまま洗濯機に入れてて、嫁さんにずいぶんと叱られました。
それからは、前もってバケツの中で手で洗ってから洗濯機へ。

黙って好きなことさせてもらってるんですからねぇ...
嫁さんには逆らえません。

教訓その四 「作業着は手洗いしてから洗濯機へ入れましょう!!
井戸掘りには家族の応援が重要です

ここまでの掘削 957cm

7月2日

今日は早番を終えてからの3時間程の作業です。


仕事中にひらめきました!!
羽子板(木工金具)でサキワは作れないだろうかと...
羽子板なら納屋を建てる時にまだ余った物があった。

早速、サキワの作成に取り掛かりました。
溶接機械を持ってませんから、ボルトとナットで固定するしかありません。

先を尖らし、ボルト穴を開け取り付け....
試し掘りです。

いつもの「カーンカーン」ではなく、「グサッグサッ」となかなかの感触です。
回転させたり突いたり....
5分程で引き上げようとすると、上がってきません!!

んっ??何かに引っ掛かった!!
これは前にも何度か経験してます。
サキワの金属が変形し、井戸枠パイプを通れないのです。

パワーウィンチの登場です。
上がってきました。

やはり....

でも、羽子板ってかなり厚めの金属です。
それがこのように簡単に曲がってしまうのです。

060

ん〜、次の手を考えよう。
でも、本当に硬い!!

サキワをいつもの物に戻し、掘削再開です。
地道に少しずつ掘っていきます。
底ではゴロゴロとした感触がします。
石かな???

一つ上がってきました。

061

こんな石がゴロゴロしてるんだろうか???

石拾い器も考えなければ....
前回にも増して小石の量が増えてきました。

062

ここまでの掘削 968cm


7月6日

今日は自治会行事で公園、郷蔵とお墓の草刈り行事があった為、有給休暇をもらいました。
それだけなら遅番の勤務であればできたのですが、その後集金業務等があったし、井戸も気になりましたので...(^^;

午後から3時間程掘りました。
掘鉄管の竿が短くなり掘りにくくなってきた為、鉄パイプの竿を1m継ぎ足しました。
掘り器も工夫しサキワを再度羽子板で作り、ボルト2本でしっかり固定しました。

063

これで硬い井戸底を少しでもほぐし、掘りやすくなればいいのですが...

元自治会長さんが立ち寄られ、激励してくださいました。
ありがたいことです。
やはり鉄管の打ち込み井戸が常識のようで、塩ビパイプでの掘削方法を色々と尋ねていかれました。

前回より刃先を短くしたこともあってか折れ曲がるようなことはなく、掘り進めることができました。

で、遂に10m到達で〜〜〜すっ!!

064

前回同様に小石が多く含まれてますが、その粒の大きさが一回り大きくなったような気がします。

065

粒が大きくなるって良い前兆?悪い前兆??

ん〜〜〜〜〜、まだ掘りたいがジャイアンツ(私、ジャイアンツファンです)も気になるし、ゴルフのセガサミーカップ
も気になるので、今日はここまでとします。

ここまでの掘削 1000cm